映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【09-106】携帯彼氏 ★☆☆☆☆ | main | 【09-107】わたし出すわ(ネタバレあり) ★★★★☆ >>
携帯彼氏 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2009年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
さてさて、本日2本目の舞台挨拶は携帯彼氏@新宿ピカデリーです。
六本木の「僕キミ」からのハシゴなんて自分くらいかと思ったら、何人か「僕キミ」舞台挨拶写真撮影用POPを持った方をみかけました。他にも居たのね。。。。

そんな舞台挨拶は、まずMCの伊藤さとりサン登場。
続いて登場の登壇者は、川島海荷、朝倉あき、石黒英雄、船曳真珠監督。
キャストの3人は、劇中の制服姿での登場です。
カワイイ制服姿の海荷チャンに父性を刺激されたのか、大きな紙に何か書いてかざしているチョイ痛系のオッサンの姿もチラホラ。

それではまずは最初のご挨拶という事で、うみに〜から。
「撮影は3月末くらいで、その時はまだまだ先だと思ってましたが、あっという間と感じました。ケータイ小説という事で、恋愛モノかな?と思いましたが、サスペンスもあってドキドキハラハラもあって、恋愛のキュンとする所もあります。楽しんでもらえたら、2度3度と足を運んでください」
とここで拍手に包まれると「不安だったけど安心しました♪」とご機嫌です。

続いてあきチャン。
「今日は公開当日に来て頂きありがとうございます。私もどんなふうに見てもらえたのか控室で心配していたんですが、ホッとしています。リアルな声が聞けるのはこれからなので、何回でも見てください」

次は石黒クン。
「女性の監督は初めてで最初は不安でしたが、現場では気さくでやり易い雰囲気で安心できました」

最後は監督。
「初の劇場長編映画で初日を迎えられて嬉しいです。この3人と他のキャスト・スタッフに支えられていい作品が作れました」

次に、この制服姿ももう最後になるの?という事で海荷チャンに聞いていきます。
「明日も大阪で舞台挨拶をやりますが、そこで最後になるかな?最初は衝撃的でした。スカートが短くて、(あきチャンと)2人で"寒いねぇ〜"なんて言ってましたが、今は慣れてきました。もう着れないのは寂しいです」
そして、映画が完成しての感想も引き続き聞いていきます。
「今回初主演でサスペンスも初と初が多いんです。原作は好きなんですが、まさか自分が・・・と思いました。プレッシャーもありましたが、いいプレッシャーでした」

次にあきチャンには海荷チャンとの共演について聞きます。
「いっぱいあるんですけど、けっこうヘビーなシーンが多く、私は恐怖パートなので、だんだん暗くなるんです。でも海荷と話すと明るくなりました。助けに来てくれるシーンは、素で嬉しかった」と語るや、隣の海荷チャンは「照れますね・・・・」とモジモジしています。
あきチャンに戻って「最初は年の差(あきチャンの方が学年で2コ上)もあって、お姉さんらしくしないと・・と思って緊張してたんですが、話しやすかったです」
と言う話を受けた海荷チャン「空き時間も話してて、怖い話とか。合い間も楽しかったです」とコメントです。

続いて石黒クンには、そんな女性陣に囲まれた感想を聞きます。
「男臭く無い現場で、汗臭くないんです。でもキャスト・スタッフは強いなと思いました。監督は女性の面を持ちつつ男っぽい所もある」と語り、海荷チャンについては「素晴らしい!15歳? 考え方がしっかりしてます。遊んでるように見えるんだけどしっかりしてます・・・・いい事言ってるのか?コレ??」とちょっとボケます。

そして監督にも公開されての感想を語って頂きます。
「信じられないです。時間をかけて1本の映画を作るのが初めてで、思い入れが強い1本です」
そしてここでも海荷チャンについて聞きます。
「エネルギーが凄い。川島さんが持っている力で魅了します」とやっぱり絶賛です。

ここでマスコミフォトセッションとなります。
それほど大作という訳ではない規模の割にはマスコミのカメラの数はけっこう多いです。

写真撮影終了後、最後に一言という事でうみに〜からコメントです。
「ケータイ小説だけどサスペンスや恋愛、友情と色んな要素があるので、色んな人に観てもらいたい」としっかりと語って終了となりました。

下記リンク写真を見ると分かりますが、うみに〜(本当は「うみか」なのは知ってますので突っ込まないでね)は小っちゃくてカワイイです。
今風のギャルな感じはしない清楚なお嬢さん系で、そんな清楚な感じがオジサンの心も掴むのでしょう。
そして朝倉あきチャン。
映画「歓喜の歌」やドラマ「学校じゃ教えられない」で見て印象には残っていましたが、ちょっと大人っぽくなったと言うか、悪く言えば老けたと言うか・・・(髪型のせいもあるかも)という印象。

翌日日曜日もこの制服で名古屋・大阪を回るそうで、もうひと頑張りですが、みなさんの若い癒しパワーで西日本の方々の心も掴んできてください。
今日はお疲れ様でした〜

◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆エイガ・ドット・コムの舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆川島海荷オフィシャルブログの舞台挨拶@新宿ピカデリー記事(音楽が流れます)
◆朝倉あきオフィシャルブログ「今日の日誌当番。」舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH