映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 【135】口裂け女0 ビギニング ★★☆☆☆ | main | 【137】泣きたいときのクスリ ★★★☆☆ >>
【136】デス・レース ★★★★★
category: 2008年映画レビュー | author: moeru-movie
今日は見逃していたデス・レースを鑑賞。

2012年。アメリカの経済は破綻し、犯罪率も上昇。そして刑務所で囚人を収容しきれなくなり、民間で刑務所が運営されている。
ここターミナル・アイランドでは刑務所内を舞台に繰り広げられる「殺人レース」を生中継されている。
その刑務所に、元レーサーのエイムズが妻殺しの容疑で収容されてきた。
彼は謎の男に殺人犯に仕立て上げられ、ここに連れてこられたのだ。
刑務所所長から、先のレースで命を落としてしまったスターレーサーのフランケンシュタインとしてレースに出場する事を依頼される。
レースに勝てば自由、負ければ死。エイムズの戦いが始まる。


ブレイク前のスタローンが出演した「デス・レース2000年」のリメイクだが、既に2000年は過ぎているので「デス・レース」である。
これをポール・W・S・アンダーソンと、あのロジャー・コーマンがB級中のB級映画に仕上げたハイパーバイオレンスアクションといった所か。

こういう映画は、とにかく理屈抜きに派手に楽しませる事が大事だが、その通り面白かったです!

色々小ネタはあるものの、要するに「レースに出て、相手をブッ潰してしまえば勝ち」というゲームは単純明快。
そしてそのレースは、かなりハチャメチャに面白いです。
コース中にある武器の絵とか盾の絵を踏むことで、それらが使えるようになるという趣向は「マリオカート」そのもので分かりやすい。
で、武器と言っても、機関銃をブッ放したり煙幕吹いたりオイル撒いたりとこれまた分かりやすい。
そんなレースばっかりじゃあ男臭くて堪らないと見るや、ナビゲーターとして女囚人を同乗させる。
この姉ちゃんたちが無駄にオッパイぷるぷるのエロエロなのよ。そのへんもB級テイスト全開。

そんなレースの視聴率を高める為にあらゆる悪事を働く女所長が極悪すぎる事からオチはだいたい想像付くが、そんな予定調和も見ていて安心です。
エイムズを支援する「一見デ・ニーロみたいだが、良く見るとだいぶくたびれている」オッサンや、全く極悪人に見えない小デブの兄ちゃんらもいいキャラしてます。
一方、オリジナルでスタローンが演じた「マシンガン・ジョー」はちょっとキャラ的には弱い感じがありましたが、レースシーンではなかなか弾けてました。

とにかくB級エンタテインメントの見本とも言えるこの映画、深い事考えずに派手な殺戮ショーとしてとても楽しめました。
エンドロールでは「この映画は安全に配慮してプロのスタントマンがやってるので決して真似しないように」とスーパーが出るのだが、恐らく見ていた人の8割くらが「ンなこと真似するかい!!」と突っ込んでいた事でしょう。

もうかなりの劇場では上映が終了していますが、まだ近くで上映している所があったら、ぜひ!!
頭カラッポにして「何か分からんがスゲー!」と楽しめますよ。
※この単純明快な痛快B級っぷりに5つ星を進呈します!!

デス・レース

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/909263
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH