映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




RECOMMEND
<< 【120】天国はまだ遠く ★★★★☆ | main | 【121】櫻の園−さくらのその− ★★☆☆☆ >>
天国はまだ遠く 舞台挨拶レポ
category: 2008年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日は「櫻の園」にするか迷ったけど「天まだ」の舞台挨拶にしました。
自分が見たのは2回目の回。プレスの方々は1回目だったのでいません。

まず登場のMCはお馴染みの八雲ふみねサン♪
登壇者は、加藤ローサ、「チュートリアル」の徳井義実と福田充徳、長澤雅彦監督。

まずは皆さんから一言づつコメントを。
トップは加藤ローサ。
「本日はありがとうございます。初日を一緒に迎えられて幸せです。1年前に東京?京都?東京?(いきなりグダグダっぽい)で撮影を始めて、宮津の皆さんにもお世話になりました」
次は徳井。
「田村役のオダギリジョーです(笑)短い間ですが宜しくお願いします」
次いで相方の福田。
「主役の福田でーす!みんなボクの演技で涙すると思います(笑)」
最後は監督。
「喋りずれぇ〜(笑)。今日はゆっくり楽しんでいってください」
という挨拶でしたが、自分が喋り終わった後の徳井&福田の喋りを聞いて笑いが止まらないローサさんを見て「すみません、大麻をやってるようで」と徳井がボケるとすかさず相方が「誰が加勢大周やねん」と突っ込みます。

次に、ローサさんに演じる上で意識した事などを聞きます。
「いっぱい気をつける事がありました。でも、東京・・?(また京都と間違えそうで危ない)でリハーサルを細かくやったので撮影はスムーズに進みました。食べながら喋るシーンも大丈夫ですよ。出前のご飯やお味噌汁を食べながら言うシーンは何回もやりました」
相手役の徳井について聞かれると
「映画の2人のようでした。不思議な距離感がありましたが、受け止めてくれる包容力がありました」と持ち上げると徳井は「よしよし。前世で家族だったみたいだね。出会うべくして出会ったんだ」と頷きます。

その徳井にも映画出演の感想などを聞きます。
「めっちゃ怖いと思ってました。何かイジメみたいなのがあるのかと。メイク台に座ってると、加藤さんに「邪魔よ!!」とか言われるのかと思ってましたが、そんな事は無かったです」と笑わせます。
相方の福田にも映画について聞きます。
「相方は感動に次ぐ感動で。。。特に土砂降りの公園で段ボール食べる所とか・・・」とボケると、当然のように「ホームレス中学生だよ」(徳井の役名の田村と引っ掛けたのか!?)とツッコミが入ります。
その福田の芝居について徳井から「福田の演技は感慨深いです。大きくなったな〜と。。。幼稚園も一緒でしたが、福田くんの所だけプレハブで。。。」等と適当な事を言う徳井に福田が突っ込むと言うパターンがここでも繰り広げられます。
その福田に「もし主演の話が来たら?」と聞くと
「いや、来ないでしょうけど、緊張するでしょうね。(役柄はどんな?と更に質問が続くと)・・・・金が無くて公園で暮らす。。。。」と続けると、徳井から「被せるのやめて!」とダメ出しが飛びます。
「すみません、思いつかなくて。。。。」と反省する福田でした。
監督には映画に込めたメッセージなどを聞きます。
「見ていただいた通りに感じて頂ければ。季節の変わり目とかも感じる事ができます」と控え目です。

ロケ地の宮津についても聞いていきましょう。
まずはローサさん。
「人も温かい所でした。千鶴みたいに癒されて丸くなりました」と語ると徳井から「撮影と共にリアルにふっくらと丸くなってた」と突っ込まれると「普通の白米と味噌汁が美味しいんですよ」とあまり否定はしないローサでした。
徳井にも同じ質問を。
「漁港のオバちゃんが3人いて、宮津のキャンディーズと呼んでたんですけどね。何かケラケラ笑ってるんですよ。15・6で1回来て、50過ぎてまた箸が転がっても可笑しい時期が来てたみたいです」
福田には、ベテラン芸人さんとの共演について聞きます。
「ボクはローサさんと会った事無いんですよ。共演は坂東英二ですよ。「毎度おさわがせします」の話をぎょーさん聞かされました」と話すと、徳井から「もう天国は近いので」と映画タイトルに引っ掛けたけしからんボケが飛びます。
「これから映画を見て、坂東さんを見て笑わないようにしてください」と締める福田でした。

最後に皆さんから一言づつもらって終了です。
ローサ「また頑張ろう!と思ってもらえたら満足です」
徳井「すごくズドンと重い訳では無い。当たり前の事をサラっと描いてます」
福田「気持ちのこもった素敵な作品です」
監督「見終わってご飯が食べたくなります。食べる=生きると言う事を意識しました」

という事で終了です。
やっぱり芸人、しかも相方も一緒という事で、話はけっこう弾んで面白かったです。
加藤ローサは相変わらず可愛いかったですね〜。黒いツヤツヤの髪が印象的でした。

◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事はこちら
◆バラエティ・ジャパンの舞台挨拶記事はこちら
※いずれも1回目の舞台挨拶の記事です。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(1) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -
おはようございます。
チュートリアルのファンブログやってます。
こちらの記事をトラックバックさせていただきました。
by まろん (2008/11/09 10:11 AM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/894053
初日舞台挨拶の記事
とりあえず見つけたのもから順次アップしていきます。 なので今後も増えるかもしれません。 === [http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000g2emj.html バラエティ・ジャパン] === === [http://www.minipara.com/news/0810/1108b.shtml ミニパラ
宇治茶の香りでまったりと〜チュートリアルとダウンタウンな日々 (2008/11/09 10:10 AM)
「ゆれる」.
... 様子が堪らないですね. そして,そしてオダギリジョーもそんな兄の狂気に飲...
オダギリジョーの秘密 (2008/11/09 6:11 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH