映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【076】告発のとき ★★★☆☆ | main | 百万円と苦虫女 舞台挨拶レポ >>
【077】百万円と苦虫女 ★★★★☆
category: 2008年映画レビュー | author: moeru-movie
今日から公開の百万円と苦虫女を早速見た。
百万円と苦虫女

フリーターの鈴子(蒼井)はバイト友達とルームシェアする事になったが、知らぬ間に同居人になってしまった男から刑事告訴され前科者に。

まずこの出だし。
鈴子が拾ってきた可愛い子猫にあんな事するなんて。。。。
鈴子は悪くないよ!。。。?? いや、少しやり過ぎか。
で、出所してシャバに出た鈴子は「11PM」でお馴染みの「シャバダバシャバダバ〜」とダジャレ鼻歌を歌っているが、「シャバダッパー♪」で締めるこの歌に「最後はデュ・ワァ〜だろ!」と突っ込みを入れたのは自分だけでは無いはず。
あとは、ルームシェアに誘ったバイト仲間の平岩紙ちゃんは、とんでもないキャラだけど、相変わらず何故か憎めない可愛さがあります。

前科者という事で近所の噂になったりで実家に居づらくなった鈴子は「100万円貯まったら出て行く」と宣言。
そしてとある海辺の街に住んで海の家でまた100万円貯まるまでバイトする事に。


そして夏シーズンが終わる前にまた100万円貯まって居なくなるのだが、この時間軸が早すぎる感がありありなのが気になったよ。
まあ、引越し当時に100万円がゼロに戻ってるという事もないのだろうが、何かあっという間なんだよね。。。。

海で少し慣れてきて、ナンパ男なんかとも絡むようになってくると、そういった人とのしがらみが窮屈で、逃げるように次の地に引越すというシチュエーションは何だか少し分かるような気がしたかな。

しかし蒼井優って、海が似合わないねぇしょんぼり
海の家という事で、当然のように季節は夏ゆえに、蒼井優はタンクトップ1枚で自宅で大の字になったりしてるが、まるで色気&女度無し。
正直、「おっぱいドコ??(´・ω・`)」ってな感想よたらーっ

もちろん、鈴子というキャラには「女」とか「色気」という要素は全く必要無いので別にいいのだが、女優として今後芝居の幅を広げるにあたっての課題が「色気」だなと改めて感じました。

次に流れ着いた地は、山の中の農家。ここでは桃の収穫を住み込みで手伝って過ごす事になる。
桃モギリの才能を褒められ、村長から「桃娘」としての活動を勧められるが、ここでもそういう人間関係のしがらみから逃げるように旅立つ事に。


この2番目の地のエピソードで少々残念なのが、海の地との何らかの心境の変化とか鈴子の内面の葛藤等があまり見えず、単に「2番目の地」としてのエピソードになってしまっている事。
全体的にロード・ムービー的な話なのだが、転々としてるだけでなく、その転々を通して鈴子がどう変わっていくのかの伏線がもう少し欲しかったかな。

しかし、この地でも「蒼井優は、桃というよりxxx(掲載自粛)だろ」と突っ込みを入れつつ、桃を皮ごと食べる蒼井優にも「!」と絶句でした。
ここでも、桃の収穫期真っ最中にアッサリと100万円貯まって引っ越す時間軸の速さはいったい。。。。。

そして3番目の地は東京からさほど遠くないちょっと都会っぽい街。
ここでホームセンターの店員として働く鈴子は、同じバイトの中島くん(森山)と付き合う事に。
しかし、やがて金を無心するようになる中島に別れを告げた鈴子。
自宅にはイジメに合ってた弟から、遂にイジメ相手に歯向かって怪我をさせた事を報告する手紙が届く。
逃げる自分。逃げないで立ち向かう弟。。。。


ここでは森山未來くんがイイねぇ。
最初は好青年、しかし金目当てのトンデモ青年?と思わせておいて。。。。というキャラ設定はなかなかオイシイです。
付き合う事になった2人がさりげなく手を繋ぐシーンは、序盤で鈴子と弟くんがさりげなく手を繋ぐシーンと重なって、何だかほっこりしました。
その中島くんに絡むバイト後輩の女(悠城"まめ"早矢)も可愛く、ちょっぴり嫌な女っぽい所が印象に残りましたねぇ。

そしてラストは賛否が分かれそうです。
ズバリ書いてしまうと、ハッキリしないです。
でも、個人的には「これからどうなる鈴子!?」という含みを持たせた終わり方はアリでした。

全体通して見ると、ゆるゆるな感じで、コレと言った大きな盛り上がりも無くハッキリしないオチなのですが、キャラクターがみんなハマっていたので、あまり退屈せずに見れました。
「苦虫女」とは、人と関わりあうのが苦手な鈴子が、いかにも困ったようなイヤ〜なような雰囲気で愛想笑いする姿から付けられているのだが、確かに人間関係が煩わしく感じる事って、誰でも多かれ少なかれ持ってる感情だと思うのよ。

そこから逃げるか向かっていくか?
逃げてばかりじゃなく、向かっていく事も大事。

そういうメッセージは理解できました。

とりあえず蒼井優ファンは必見です。
色気は無いけど(しつこい)入浴シーンもあるよ!(特に何も見えませんが)

百万円と苦虫女
comments(0) | trackbacks(6) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
苦虫女
【077】百万円と苦虫女 「苦虫女」とは、人と関わりあうのが苦手な鈴子が、いかに...
けんたの日記 (2008/07/20 10:07 AM)
【2008-169】百万円と苦虫女
人気ブログランキングの順位は? 百万円貯まったら、この家を出て行きます。 鈴子21歳。 資格、なし。 特技、なし。 友達、なし。 就職できず、バイト生活。 百万円貯まったら、1人で生きる。 海へ山へ町へ やさしさを受けとめて、きっと、わたし
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008/07/29 11:22 PM)
百万円と苦虫女
★★★★ 頑張らないロードムービー風で好感が持てた。 ネコが原因で刑務所に入っちゃうのが笑える。 決まった道を歩く前に、こういう宙ぶらりんな生活をするってこと、案外必要かも。
映画初日鑑賞妻 (2008/07/31 3:17 AM)
祝・共演!蒼井優の後ろで会話したり〜ジュースを飲んだり〜ヤバフィス!!!な『百万円と苦虫女』舞台挨拶@シネセゾン渋谷
40℃という気温を記録した去年の真夏に、エキストラとして撮影に参加した蒼井優・森山未來・あんぱんち出演『百万円と苦虫女』がついに本日公開さぁ〜て今回は、どのくらい映っているのだろう???胸を高鳴らせて、初日舞台挨拶へ向かったのであった(爆)|あんぱ的
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2008/07/31 10:50 PM)
『百万円と苦虫女』’08・日
あらすじ短大を卒業後、フリーターをしている鈴子はバイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にしたが、ひょんな事から警察沙汰になり・・・。感想百万円貯まるごとに町を転々とする苦虫女のお話です。でも、苦虫女って感じちゃうかったな蒼井優演じる主
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2009/06/21 8:06 AM)
映画評・「百万円と苦虫女」
ただただ蒼井優の透き通るような美しさが目を奪う。 はっと息をのむような瞬間が何度もあった。 蒼井優がブルーリボン賞・主演女優賞を手にした映画・「フラガール」で見せた、 ひたむきで表情豊かな演技とは、別の顔を見せた一作。     (ストーリー) 佐藤鈴
「3A.M.O.P-午前三時のオプ-」2004-2009 (2009/12/02 11:38 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH