映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< アフタースクール 舞台挨拶レポ | main | 【057】僕の彼女はサイボーグ ★★★★☆ >>
【056】ランボー 最後の戦場 ★★★★☆
category: 2008年映画レビュー | author: moeru-movie
「ランボー3 怒りのアフガン」から20年。
既に還暦を越えている(!)スタローンが「ロッキー・ザ・ファイナル」に続いて、昔のヒット作を完結させる。
その名もランボー 最後の戦場だ。
「怒りのアフガン」ではラジー賞の最優秀男優賞を受賞したスタローン。今作ではどうなる!?

NGO団体から危険なミャンマー行きのボート出しを頼まれたランボー。
最初は断ったが、サラの熱心な頼みで一行をミャンマーまで案内する。
が、後日NGO一行の関係団体から彼らが行方不明になった事を知り、今度は救助の傭兵を戦場に送るランボーだったが。。。。

「ランボー」シリーズはもちろん今まで全部見ている。
とりわけ第1作目はかなりのお気に入りで、公開当時高校生だったくせに封切りと3本立ての2回も劇場で見ている。
んでもって、原作の「一人だけの軍隊」も読破したもんだ。
ちなみに、原作のランボーは大量に人を殺したあげくにトラウトマン大佐に射殺されて終わる話(映画でのランボーは、ヘリに向かって投げた石のおかげで偶発的に死なせてしまった1人を除いては、誰も殺していない)である。

この1作目のランボー像のように、決して好んで戦いを挑んでいる訳ではなく、本当は普通に暮らしたいだけなのに、周りがそうさせない悲哀みたいな所が大変気に入ってたわけだ。
(もちろんDVDソフトも購入済み)

前置きが長くなった。

そしてこの作品。
タイの山奥で毒蛇捕獲⇒売却みたいな事を仕事にしているランボー爺。
だけど、やっぱり戦場が彼を招き入れちゃうわけだ。

このミャンマーの戦場の実態(?)みたいな実写フィルムで幕を開けるこの映画。
もう初っ端からグロいです!!
ミャンマー兵士が田んぼに地雷を撒き、その田んぼの中で村民に競争させるのだが、地雷を踏めば木っ端微塵で赤い飛沫が舞うのよ。
とにかく執拗なまでにミャンマー兵士の極悪鬼畜の悪行を見せ続け、「悪」というポジションを確立させちゃう。

そしてランボー様ご一行の上陸です。

もう「こんな鬼畜ども殺しちまえ!ランボー!!」って思うよ。

はい。
期待通りの殺戮ショーの始まりです。
緩いスプラッター映画も吹っ飛ぶような超S級の切株映画の始まりです!

自分はこの映画が「ランボー」である事を途中から頭から消し去りました。
スプラッター切株映画として見ましたよ。
そうでもしないと、第1作目に思い入れの深い自分には受け入れられない展開なのです。
第1作目にあったランボーの悲しみや怒りがこの映画にはあまり見えないんだもん。。。。。

で、18禁にした方がいいんじゃね?と思うほどの残酷凄惨シーンが多いですが、ランボーは見張りの台からひたすら銃をぶっ放すシーンが大半で、さすがに60越えの体じゃあ「1」の時のように動き回れません。
これには拍子抜けすると共に、「でも仕方ないか」と諦めの境地。

拉致られたら真っ先にレイプされててもおかしくないサラも貞操を守れて。。。って、おい!そりゃあ出来すぎだろう!!
という突っ込みもナンセンスと諦め。

上映時間が短い(90分だがエンドロールがかなり長めなので正味80分ほど)事もあり、コンパクトに纏まった切株アクション映画としての採点で4点ですね。

映画のオープニングは「It's a Long Road」(「ランボー」のエンディング)のインストゥルメンタルで始まり、ラストは「ランボー」のオープニングシーンのよう。
で、原題は「RAMBO」(「ランボー」の原題は"First Blood")だし、1作目をかなり意識はしているようだが、1作目に思い入れのある自分には、この映画が1作目の延長上にあるとはやっぱり認めたくないのが正直なところ。
「あのランボーの続き」って思ったら2点くらいですよ。

あと、あくまでも自分の主観での減点材料が1つありました。
この映画はスタローン自らがメガホンを取っているのだが、まぁカット割の細かいこと細かいこと。
例えば序盤でのランボーとサラの会話シーン。
喋るサラ⇒聞くランボー っていう順で、非常に忙しいくらいにコロコロ変わるカット割をはじめ、色々なシーンでとにかく忙しい。
何か気になって落ち着かなかったですよ。
(もっとも、カット割以前に、落ち着ける内容じゃなかったけどね)

え〜、何だかまとまりの無いレビューになってしまいましたが、1つだけ忠告します!
この映画に子供や恋人を誘ってはいけません!
R−15だからと言って高校生が見るには刺激が強過ぎ。
そしてカノジョを連れていこうものなら、ドン引きされる確率が高そうです。
スプラッター慣れしている自分が見ても、結構「おぉぉ〜!」って思いましたから。。。。。
ランボー 最後の戦場
comments(0) | trackbacks(6) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
【ロッキー・ザ・ファイナル】についてブログでの検索結果から見ると…
ロッキー・ザ・ファイナル をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
おまとめブログサーチ (2008/05/26 2:50 AM)
【2008-125】ランボー 最後の戦場
人気ブログランキングの順位は? 1982年、アメリカ───自らの尊厳のため 1985年、ベトナム───幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるため ムダに生きるか、何かのために死ぬか─
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008/05/31 5:40 PM)
【映画】ランボー 最後の戦場
■動機 「ロッキー・ザ・ファイナル」が面白かったので ■感想 ランボーってこんなにかっこよかったっけ? ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 見世物小屋の下働きとして働くランボー(シルヴェスター・スタローン)はアメリカのNGOからミャンマー行
新!やさぐれ日記 (2008/06/04 10:56 PM)
「ランボー 最後の戦場」さらば怒りの戦士よ
「ランボー 最後の戦場」★★★★ シルベスター・スタローン主演 シルベスター・スタローン監督、2008年、アメリカ、90分 ベトナム戦争帰りの軍人が 武器を手に取って立ち上がるには、 それ相応の理由が必要だ。 となるとアメリカ国内では その相手が見
soramove (2008/06/05 10:30 PM)
ランボー 最後の戦場 観てきました
 代休を足らねばならず時間ができたので今日はランボー 最後の戦場を観ることができました。
よしなしごと (2008/06/10 6:44 AM)
『ランボー 最後の戦場』’08・米
あらすじタイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体の女性・サラが彼の前に現れる。彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていたが・・・。感想ランボー
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2009/10/07 6:43 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH