映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




RECOMMEND
<< パルス | main | スマイル 聖夜の奇跡(ネタバレあり) >>
地球外生命体捕獲
category: 映画感想(〜2007年) | author: moeru-movie
「パルス」に続いて、同じシアターN渋谷のレイト公開である地球外生命体捕獲を見る。
※この映画、まともな公式サイトが無いので、紹介はこちらへどうぞ。

3人の男たちに捕らえられたエイリアン。
知り合いの男女が住む近所の家にエイリアンを連れ込んだ3人。
しかし、そのエイリアンを殺してしまうと、地球規模の反撃があるとか言って殺せない。
しかし、この男たちは過去にエイリアンに捕獲され、身内を殺されたり酷い目にあったようで、タダで帰すわけにもいかない。
じきに意識を取り戻し暴れだすエイリアン。。。。。

と、「地球外生命体捕獲」というタイトルがズバリ物語の全てと言っていい1本。
ある意味、物凄く正当な直球エイリアンもの。

前半はズタ袋に入れられたりして全身を見せないで引っ張るが、終盤にはついにその全貌が明らかになる。
このエイリアンの外見については、詳細を書くとつまらなくなるので割愛するが、まあまあ良く出来てるような、アララな感じがするような微妙な宇宙人です。

で、話のほうは、要するに捕らえたエイリアンを前にああしようこうしようと内輪揉めしている間にエイリアンが気がついて、拘束を解いて人間に反撃&人間も応戦という流れ。

思い返すと、ひたすら1軒の家の中だけで話が進む、いわば「密室劇」のような単純な演出だが、なかなかどうして飽きずに楽しめちゃう。
でも「エイリアンに捕らえられた過去」について、少々説明不足な感があり、ちょっと分かりにくいかな。

それでもラストのほうは、意表を突いて笑いすら出ちゃう脱力感があるのもB級SFの醍醐味。
全体的にチープでスケールも凄く小さいけど、B級SFとして見るとけっこう楽しめると思いますよ。

という事で「パルス」⇒「地球外生命体捕獲」と、シアターN渋谷によるグラインドハウス上映(共に上映時間は1時間30分未満)のような形になりました。
ちなみに、「スリザー」もレイト上映なので、「パルス」⇒「スリザー」という組み合わせでもお楽しみ頂けます。
(もちろん入場料金は別々です)

なお、当然と言えば当然なのかもしれませんが、パンフやプレスは製作されていませんでした。。。。
地球外生命体捕獲
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/764557
地球外生命体捕獲 (Altered)
監督 エドゥアルド・サンチェス 主演 アダム・カウフマン 2006年 アメリカ映画 88分 ホラー 採点★★★ 子供の頃は、カエルを捕まえてはロケット花火に括りつけて飛ばしたり、トンボを捕まえては鯉がわんさかといる池でバクバク食われる様を眺めてたりと、子供らしい残
Subterranean サブタレイニアン (2008/04/19 12:24 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH