映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
<< Little DJ 小さな恋の物語 舞台挨拶レポ | main | 魍魎の匣 舞台挨拶レポ >>
魍魎の匣
category: 映画感想(〜2007年) | author: moeru-movie
「姑獲鳥の夏」(うぶめのなつ)に続く京極堂シリーズ第2弾にしてまたしても読みにくいのが
魍魎の匣(もうりょうのはこ)だ。
姑獲鳥は見てないが、京極夏彦作品に興味があったので見てみる事にした。

昭和27年。世間では美少女連続殺人が話題になる中、元女優の陽子(黒木瞳)から娘の捜索を依頼された榎木津(阿部寛)。
関口(椎名桔平)や中禅寺敦子(田中麗奈)、そして京極堂(堤真一)も加わり、怪しげな団体の拠点である箱型の建物に向う。。。

というミステリー仕立ての粗筋だけど、一言で言うと分かりません!

事件の背景が宗教団体絡みであったり、人体実験やマッドサイエンティスト(?)など、いくつかの要素が混在しているのだが、年代的に古い時代の話という事もあり、良く理解できない。

ハイ。正直言って、途中で頑張って理解しようとしていた糸が切れてしまって脱落。以降は一瞬記憶を失う事(要するにうたた寝)数回。。。。
何やら原作は凄く分厚いらしくて、映画化にあたってはだいぶシンプルにしたそうだが、それでも良く分からなかったよ。

登場人物のキャラクターはクセがあって楽しめるんだけど(実際、場内で笑いが起こる事数回)それだけじゃあ映画の最後まで引っ張れない。

という事で、この映画を見るのなら、気合と覚悟と思考力が必要そうです。
どれも欠けていたあっしなんざ最後のほうは「あわわわ、美月ちゃん((;゜Д゜)ガクガクブルブル 」とか「寺島咲ちゃんギザカワユス」とか断片的な事しか覚えておりませんよ。
ま、それだけでも楽しめたのなら良かったか。
魍魎の匣
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/760935
【2007-192】魍魎の匣(もうりょうのはこ)
人気ブログランキングの順位は? 匣の中の少女 匣だらけの 匣みたいな家 匣に取り憑かれていた それは決して開けてはいけない匣 ハコの中には 何がある?
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2007/12/31 3:21 AM)
『魍魎の匣』
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(
京の昼寝〜♪ (2008/01/25 8:28 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH