映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
<< Little DJ 小さな恋の物語 | main | 魍魎の匣 >>
Little DJ 小さな恋の物語 舞台挨拶レポ
category: 映画舞台挨拶(〜2007年) | author: moeru-movie
土曜の初日には、銀座・池袋で舞台挨拶があったが、日曜は川崎でも舞台挨拶があるという事で行ってきました。

登壇者は、神木隆之介、福田麻由子、永田琴監督に森谷雄プロデューサー。
製作にはテレビ東京も携わっているという事で、司会はテレ東の繁田美貴アナでした。

みんな最初の挨拶は物凄くシンプルでしたが、森谷PRだけは「川崎在住の森谷です」と地元人をアピール。

「今の気持ちは?」と聞かれた神木君。
「昨日、初日を迎えて嬉しい。色々な人に見てもらえるのは幸せです」と語り、「石黒さんが太郎君の手紙を読んで泣くシーンでは僕も泣けました」とも。

一方の福田麻由子ちゃん。
好きなシーンを聞かれ「太郎君とデートした所が楽しい。まだ恋した事無いけど、ああいう恋がしたい」とコメント。
「初々しい。ほのぼのするね」と森谷さんに突っ込まれてました。

永田監督は「撮影は全部大変だったんだけど、今では太郎が出てくるだけで涙が出てくる。母親になった気分です」とコメント。

そして森谷さん
「この映画はたった2枚のメモから、実際にあった話を元に映画と小説が同時進行で作られました。そのメモを見た時から号泣しまして、映画にしましょうと鬼束さん(原作)に話したら、神木くんならOKという事でした。鬼束さんの中では、最初から神木君のイメージだったようです」と熱烈に語っていました。

その他は、まとまりが無く喋りが進行していたので、羅列します。
永田:「普通に接している2人(神木&福田)と役に入っている2人は違ってた。」
森谷:「やっぱり母親になってますよ(笑)僕は父親みたいに、自称石黒賢で見てました」
神木:「現場ではみんなハイテンションで盛り上げてました。合い間には若先生とオセロをして遊んでました」
森谷:「今までオセロで勝った事なかったらしいけど、神木くん相手で初めて勝ったって」
福田:「現場はとても暖かかったです」

最期の締めは森谷プロデューサー。
「この映画で、自分の想いを人に伝える・そして生きるという事が大切だと学びました」

という事で、全体的には、土曜の舞台挨拶の喋り内容の繰り返しみたいな所も多くて、裏話的な事はあまり聞けなかったですね。
まあ、神木くんも麻由子ちゃんも、まだ中学生だからムリもないか。

あとは、司会の繁田アナが07年入社という事で、ハッキリ言って仕切り下手(ただただ台本通りに棒読みの質問をするばかり)なのが減点でした。
でも、その分、森谷プロデューサーがなかなか饒舌で、途中からは上手い仕切りを見せてました。

挨拶が終わって劇場を出るときに、出入り口に張ってあるポスターを見たら、登壇者さんたちのサインが入ってました。
まだ楷書体のサインの神木くんと麻由子ちゃんのサインは初々しいですね。
Little DJサイン
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/758240
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH