映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>




RECOMMEND
<< 07年秋の11番勝負(8) ジャパンカップ 結果 | main | 07年秋の11番勝負(9) 阪神ジュベナイルフィリーズ >>
ミッドナイト イーグル
category: 映画感想(〜2007年) | author: moeru-movie
初日舞台挨拶のチケットが取れずに悔しい思いをしたミッドナイト イーグルをファーストデイ1000円で見た。

戦場カメラマンの西崎(大沢)は、戦場でのある出来事を境に今や星空カメラマンに。
そんな彼のカメラが轟音と共に落ちてゆく赤い光を捉える。
その光は、某国の工作員によって爆破されたステルス機「ミッドナイト イーグル」だった。
工作員の狙いは、搭載された核爆弾だ。
高校山岳部後輩で新聞記者の落合(玉木)と共に山に潜入する西崎。
一方、西崎が撮った写真を落合から受け取った写真週刊誌記者の慶子(竹内)も独自に調査を進める。
彼女と一緒に暮らすのは、今は亡き姉の息子の優。父親は西崎だった。。。

「邦画史上最大スケールの山岳サスペンス・アクション」とコピーされたこの映画だが、ミッドナイト イーグルの謎を追跡する素人さん(カメラマン&新聞記者、写真週刊誌記者)集団が大活躍する姿を見るにつれて、何かこう妙な違和感を感じてくる。
あまりにも現実感の無い話、有り得ないエピソード、何故か緊張感の無いシーン。突っ込み所も多すぎる。
しかし一方で、妙に安心できるベタ感覚にも包まれる。
だって、某国(って、どう見ても北の工作員に思える)のプロ工作員から集中砲火を浴びても殆ど弾が当らないのに、素人さんの弾は結構的確に相手にHIT。う〜ん、そりゃあ弾がいきなり主役に命中したんじゃあ映画が終わっちゃうからね。

という事で、途中からは「超完璧フィクションの娯楽ベタ映画」として楽しむ事にしたら、あら不思議。面白いったらありゃしない。
「自衛隊は軍隊じゃない」なんていうプロパガンダ的セリフも気にならず、素直に楽しめましたよ。

さすがにラストは、工作員を全滅させて万歳!という事にはならないが(そこまですると、もはやコメディになってしまう)あまりにも某映画に似た涙・涙の終盤では、本当に泣けてくるよ。(回りのお客さんも結構すすり泣いてる人が多かった)

ハッキリ言って、この映画は、受け付けられない人と理屈抜きに楽しめちゃう人と、二分される内容だろうね。
この有り得なさが気になって許せないと思うと、最後までイライラするだろうから、できれば「これは娯楽フィクション映画」とスッパリ割り切って見る方がいいです。

役者さんでは、またしても竹内結子が秀逸の芝居。
この映画では、特に眼の演技が光ってたよ。
そしてもう1人のMVPは何と言っても吉田栄作。
もう過去の人かと思いそうだが、どうしてどうして。この映画では一番オイシイ役にハマってました。
子役も可愛くて良かったけど、腑に落ちないのは石黒賢。
慶子の勤める写真週刊誌の編集長との事だが、本当はアンタ何者なんだ!?という超不思議人でした。

エンドロールでも流れる雪山の画など、映画館のスクリーンで見るためのシーンも多いので、興味があるならば迷わずに映画館に!
(娯楽フィクションという心構えを忘れずに!)
ミッドナイト イーグル
comments(0) | trackbacks(4) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
【2007-170】ミッドナイト イーグル(MIDNIGHT EAGLE)
人気ブログランキングの順位は? 日本滅亡のカウントダウンが始まった。 あと48時間。 猛吹雪の北アルプスで、男たちは命を懸けた。 愛するひとを守る。ただ、そのためだけに。 もう、誰も失いたくない。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2007/12/05 10:43 PM)
「ミッドナイト イーグル」アップ多用でスケール感が薄れ気味
「ミッドナイト イーグル」★★★ 大沢かたお、玉木宏 主演、竹内結子 、吉田栄作 出演 成島出 監督、2007年、131分 公開3週目に入った作品をやっと見た、 以下は内容に触れてますので、 未見の方はご注意下さい。 北アルプスに落下した 米軍のステル
soramove (2007/12/06 10:49 PM)
ミッドナイトイーグル 観てきました
 今回はミッドナイトイーグルを観てきました。
よしなしごと (2007/12/27 12:14 AM)
No.112 ミッドナイトイーグル
極寒の北アルプスを舞台に、戦場カメラマンの西崎(大沢たかお)が 偶然、撮影した写真から米軍ステルス機が北アルプス上空で 消息を絶ち、後輩の新聞記者、落合(玉木宏)と再び山中へ。
気ままな映画生活 (2008/07/13 3:17 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH