映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜(ネタバレあり!) | main | ヒルズ・ハブ・アイズ >>
未来予想図 舞台挨拶レポ
category: 映画舞台挨拶(〜2007年) | author: moeru-movie
今週も張り切って舞台挨拶。
丸の内ピカデリーでの未来予想図に行ってきました。

司会はおなじみの伊藤さとり。
登壇者は松下奈緒、竹財輝之助、藤井美菜、松坂慶子、石黒賢、蝶野博監督。

まずは、cinemacafe.netの舞台挨拶記事で皆さんの装いをどうぞ。
「おぉ、初めて見る芸能人ばかりだ」と思ったら、実は竹財くんは昨年、水に棲む花の舞台挨拶で見てました。
写真まで撮ってたのに、全然記憶にありません。。。。

まずは監督からの「みなさんありがとうございます。ドリカムの温かい歌をシンプルに、ストレートに表現したつもりです」という挨拶でスタート。

続いて松下さん。
う〜む、美人です。足元の格好いいブーツも決まってました。
「いかがでしたか?」と会場に問いかけて拍手をもらうと「ドリカムの歌があったからここまで来れました」と続ける。
あとは、前述のcinemacafeの記事に出ているので、そちらを参照下さい(手抜き)

続いて竹財くん。
「温かい気持ちを感じてもらえたらと思います。大切な事をぜひ言葉で伝えて下さい」と語っていました。
更に「今回は"挑戦"でした。これからに生かせると思います。現場も楽しかったし、スタッフに感謝します」と謙虚な挨拶。

続いて石黒賢。
自分とほぼ同い年だけど爽やかだねぇ。
「やさしい気持ちを感じてください。今日はこの回が1回目なので、あと3回、出たり入ったりして見て下さい」と無茶な事を語っていました。

続いて藤井美菜チャン。
※「シムソンズ」が好きな映画なので、密かに本日の1番目当てでした。
「福岡の方言が難しかったです。でも、松坂さんと松下さんに囲まれて、家族愛に関われてよかったです」と謙虚な感じ。

最後に松坂さん。
「親娘3人で身を寄せ合って、明るく生きていこうと母親役に共感できました」と語る口調は、映画での役柄同様に、とても和やかで温かい感じでした。
「ステキな未来になるように、家族と一緒に見に来たい映画です」とも続けていました。

ここで公式サイトで募集していた「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」の中から心に残ったものを各出演者、監督が選んで発表するという企画。
松下さんはまず「これ、いいでしょ」と、読み上げる投稿文が書かれているアルバムを紹介。
表紙には「未来予想図」とロゴが入ったオリジナルのものでした。

この紹介の模様もcinemacafeの記事にざっと書いてあるので、そちらをご覧下さい。
選考理由は。。。
松下:(本人に見とれててメモ取ってません。。。)
竹財:cinemacafe記事の通り
石黒:何か温かくていいかなぁ〜と思いました。
藤井:シンプル。女の子がやったらかわいい。
松坂:(松坂さんのトークに聞き惚れて、メモ取らず)

そして監督が選んだのが「彼の背中に耳をつける」というサイン。
「やってもらえたらなあ。。。と思いました。あ、映画とは関係無いですね」とボケてました。

で、最後はプレス向けの撮影タイムとなりましたが、自分の席はかなり端っこで、TVカメラがたくさん横に並んでいた為、最後はこっちに向って皆でニッコリの画がもらえました。

退場は反対側からでしたが、その退場口に向う松下さんの黒ワンピは、背中が大胆に開いているのも確認。
セクスィ〜&ビューチー&エレガンツ!な美女でした。

なお、報道もされているドリカム吉田美和さんの身内の不幸については特に誰も触れませんでした。
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/720666
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH